石子順造②赤瀬川原平『革漫同鱗羽烏蘇里虎飛行の図』

石子順造的世界 美術発・マンガ経由・キッチュ行

つげ義春の絵では左の子供が目をつむっているのに対して、漫画主義では二人の子供は目をあけている。はたして、子供たちが見た画像は?
李さんの脳天軸を中心に左右に回転すると、吹き出し文字には『実はまだ続いているのです』とあり、黄色い炙り出しのようにNo6号の表紙絵がうっすらと見える。『革漫同鱗羽烏蘇里虎飛行の図』(かくまんどううろこはねうすりぃとらひこうのず)だ。
d0178825_1524883.jpg
d0178825_153242.jpg

私の持っているポスターの『革漫同鱗羽烏蘇里虎飛行の図』では口にタオルを当てていない。なぜかは不明。(BEST DANGEROUS THOUGHTSと文字にかかる背後の雲のような物体はなんだろう?まる焼けチキンかまる焼けダンボのようにも見えるが、煙を描いていてうまくゆかなかったのか?)

d0178825_211641.jpg
冊子表紙『革漫同鱗羽烏蘇里虎飛行の図』1969年
d0178825_2113278.jpg
下、漫画主義ポスター(赤瀬川原平)
d0178825_2132882.jpg
              フランスのイラストレーター、アングラポスター研究家
d0178825_8242271.jpg
ブラウン・セシル(Brun Cecile)さんのHP
ピシャー・オリビエ(Pichare Olivier)さんのHP(少し重い)



蔵織1968年~1972年 アンダーグランド ポスター展(2007年)


フランスのイラストレーター、アングラポスター研究家のブラウン・セシルさんがやってきた


漫画主義 No6 1969・3・20
かつて劇画は生き死をその本体とした-戦後意識の惨めな転回と劇画- 権藤晋
「戦記マンガ」批判の思想を撃つ-石子順「少年漫画と戦争」批判-梶井純
意味の世界のタブーを犯す-林静一論- 上野昂志
大衆文化としての漫画 斉藤次郎
ナンセンス・ギャグ・マンガ論のために②あほらしさ、情況への痛覚-なぜ<ナンセンス>なのか- 石子順造
座談会 子どもマンガ情況の頽廃と批評の力 漫画主義編集委員会
つげ義春論 つげ義春と「随筆」の距離 新崎智
つげ義春論 つげ作品の生涯と情念 
手塚治虫試論② 何がロックを殺したか 菊池浅次郎
[PR]

by moekire | 2012-02-14 02:35 | 萌え  

<< 蔵織のお雛様の秘密・・・ 高橋捨松翁が明治34年・新潟市... >>