アールデコ調建築の『旧新潟測候所』が日本海に沈んでゆきました

新潟のアール・デコの影響を受けた建物で紹介した、『旧新潟測候所』が日本海に沈んでゆきました。
d0178825_1724183.jpg
(上↑新潟地方気象台の歴史より西船見町時代昭和3年撮影 )右側が日本海、建物裏が西方向です。
d0178825_17264574.jpg
写真の丸印の中に2本のアンテナが見えます。現在の日和山展望台のあたりから測候所のアンテナをみる。(この写真の詳しい説明は『にいがた文明開化ハイカラ館』さんがいずれ・・・)
d0178825_17385360.jpg
(上↑新潟の絵葉書・にいがた文明開化ハイカラ館)新潟のアール・デコの影響を受けた建物
d0178825_1740088.jpg
(上↑新潟地方気象台の歴史より、昭和24年頃撮影)大河津分水完成後、大きな洪水はなくなりましたが、信濃川河口の新潟市では川から流れてきていた砂の補給が減り、河口付近の海岸の決壊が進みました。海岸近くに立てられた測候所は足元の砂が削られ写真のようになりました。
(つづく)



新潟地方気象台 ホーム > 気象台の仕事 > 気象台の歴史
d0178448_105753.jpg



(国土交通省信濃川下流河川事務所)決壊前の航空写真
[PR]

by moekire | 2011-02-04 07:56  

<< 聖路易 ?? 閣龍 ? ? 旧黒埼大野町のアールデコ調の『... >>