人気ブログランキング |

5月28日(土)河井継之助記念館・稲川明雄館長さんによる第35回・蔵織夜話

5月28日(土)蔵織夜話のお題目は
『べらんめぇ長谷川泰の生涯』です。

5月28日(土)河井継之助記念館・稲川明雄館長さんによる第35回・蔵織夜話_d0178825_721376.jpg
長谷川 泰(はせがわ たい/やすし)、天保13年(1842年) - 明治45年(1912年)幕末期の越後長岡藩軍医、「済生学舎」(日本医科大学)創立者。
長善館の鈴木文台に漢学を、鵜殿春風に英学を学び、江戸に出て坪井芳州に西洋医学を学ぶ。転じて佐倉藩の佐藤泰然に入門して佐藤尚中に洋学を学び、松本良順の幕府医学所で外科手術を修め、慶応元年(1865年)に江戸医学所句読師となる。戊辰戦争の勃発により、北越戦争で長岡藩に従軍し、河井継之助の最後を看取った。(Wikipedia
5月28日(土)河井継之助記念館・稲川明雄館長さんによる第35回・蔵織夜話_d0178825_727037.jpg

先回の蔵織夜話:第34回 『西洋産婆・笹川スミ』のお話風景です。後半は稲川先生と雑談コーナー、先生と皆さん気楽にお話しています。

蔵織夜話』(1500円コーヒー付、電話連絡025-211-8080、当日かけ込みでもかまいません。)
長岡 河井継之助記念館・稲川明雄館長さんによる「長岡藩から見た新潟港まち」というような視点からお話していただいております。(毎月土曜日、蔵織一階”蔵”にて1500円コーヒー付)

今後の予定
2011年スケジュール

1:べらんめぇ長谷川泰の生涯
2:三島億二郎の水原会議  
3:万金丹に千金丹-白粉からの文化-
4:社会主義者猪俣津南雄は新潟人か長岡人か
5:米屋の戦争-米価をあげる-  
6:北越製紙物語


2011年終了
1:遠藤七郎(葛塚)の北辰隊   2:前原一誠と奥平謹輔のみた越後の戦後 3:西洋産婆「笹川スミ」ほか

2010年 終了分
1:金革隊と小林政司   2:三根山藩の成立  3:伊藤五郎左衛門と三潟悪水水抜き一件   4:山際七司の理想  5:斎藤喜十郎の北海道移出   6:河井継之助の落政政革

2009年 終了分
1、色部長門の顕彰   2、八木朋直の万代島架橋と長生橋のちがい 3、鈴木長蔵の文明開化   4、鍵富三作の経営理念   5、堀直竒の新潟町造り  6、今井孫兵衛と河井継之助   7、本間新作の殖産興業  8、尾崎行雄の新潟新聞に対決した大橋佐平   9、中野貫一の石油事情  10、涌井藤四郎と長岡藩家老   11、川村修就の功罪   12、市島春城の文学

by moekire | 2011-05-15 07:52  

<< 日本最大の古時計サイト『TIM... 郷土史家の児玉義男さんが永井荷... >>