人気ブログランキング |

新潟電鉄物語の軽金前停留場と塩の橋・・・・・・

新潟電鉄物語
1933年(昭和8年)4月1日 東関屋 - 白根間 (17.4km) 開業。
7月28日 県庁前(後の白山前)- 東関屋間延伸開業。県庁前駅開業
1936年(昭和11年)3月26日 県庁前駅舎が完成。
4月1日 監督署小路、白山駅前、商業通り、硫酸会社前の各停留場開業。
1942年(昭和17年)頃 軽金前停留場開業。
1943年(昭和18年)12月31日 新潟合同自動車と合併、新潟交通が発足する。
1944年(昭和19年)9月1日
監督署小路、白山駅前、商業通り、中学校前、軽金前、硫酸会社前の各停留場廃止。
1948年(昭和23年)5月25日
電車線・県庁前 - 新潟駅前間(万代橋経由)の軌道線工事に施工許可が下りる。
1958年(昭和33年)10月23日
県庁前 - 新潟駅前間の軌道特許が失効、起業廃止許可を受ける。
1964年(昭和39年)6月16日 新潟地震。鉄道線が約1か月、軌道線が翌年1月まで運休。
1985年(昭和60年)6月1日 新潟県庁の移転に伴い県庁前駅を白山前駅に改称。
1992年(平成4年)4月1日 白山前 - 鉄軌分界点 - 東関屋間廃止。(2.6km)
1999年(平成11年)4月5日 東関屋 - 月潟間 (21.6km) 廃止により全線廃止。。(Wikipedia

にいがた文明開化ハイカラ館
に『新潟電鉄物語』が載っています。
新潟電鉄の終着駅は蔵織から徒歩2分のところにありました。
上空から見ると正三角形の建物で、角が丸くなっていて、おむすびのような形の2階建ての建物でした。外観は総タイル貼りで鉄筋コンクリート造りに見えますが、木造タイル貼りでした。
現在の市役所前の噴水のあるところです。
新潟電鉄物語の軽金前停留場と塩の橋・・・・・・_d0178825_722758.jpg
旧新潟県庁(現新潟市役所)の道路を挟んで右脇のおむすび形の建物が新潟電鉄白山駅。その右の広い建物が新潟地方裁判所。その下の白い建物が旧トキワホテルで、その右横が蔵織です。(下、昭和50年の航空写真)
新潟電鉄物語の軽金前停留場と塩の橋・・・・・・_d0178825_7223259.jpg
昭和30年代初期の「新潟市家屋明細図より。左端の三角形の電鉄ビル。県庁分館はまだ科学技術博物館が明記されている。(子供時代にエンジンのピストン・カムの断面模型を手廻しで動かしたり、放電装置のボタンを押して稲妻を発生させて遊んでいた、記憶がある。)
新潟電鉄物語の軽金前停留場と塩の橋・・・・・・_d0178825_18235876.jpg

『宮澤先生のBlog日記 Part2!』新潟市地図
新潟電鉄物語の軽金前停留場と塩の橋・・・・・・_d0178825_7335215.jpg
新潟電鉄・東関屋駅の信濃川向かいに日本軽金属の工場屋根と鉄道引き込み線が見えます。
新潟電鉄物語の軽金前停留場と塩の橋・・・・・・_d0178825_1136354.jpg
新潟電鉄・東関屋駅下の中州のあたりに『塩の橋』があったようです。日本軽金属に塩を運ぶ、日本軽金属専用の橋だということです。
新潟電鉄物語の軽金前停留場と塩の橋・・・・・・_d0178825_7364977.jpg
左上の白いところが関屋自動車学校で、右国鉄(JR)越後線、その左の丸いタンクは新潟硫酸や歴世鉱油などの工場(現やまだ電気、原信)。その専用国鉄引込み線。右下、けなげに走る電鉄車両が写っている。
新潟電鉄物語の軽金前停留場と塩の橋・・・・・・_d0178825_7385984.jpg
塩の橋の写真対岸に日本軽金属の工場屋根が見える。昔の子供たちは屈託がなくていいですね。下駄も履いている。
『宮澤先生のBlog日記 Part2!』
新潟電鉄物語の軽金前停留場と塩の橋・・・・・・_d0178825_7583392.jpg

立派な橋です。
h_iwasaki518さんのフォトアルバム
新潟電鉄物語の軽金前停留場と塩の橋・・・・・・_d0178825_838144.jpg

『フォトログもうぞう』さん

デンテツには夢がある軽金前停留場

by moekire | 2011-07-21 09:23  

<< 古町芸妓物語『新潟の花街』藤村... ②50年前の西堀埋立工事と鍛冶... >>