<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

東日本大震災の47年前の新潟地震(1964年)その②

1964年6月6日に新潟国体が開催された。聖火が点火され新潟県選手団が来て、3つの旗が風でなびいたときにシャッターを切ったものです。国体が終了して3日後に新潟地震が起きました。
d0178825_841522.jpg
聖火脇は仮設で組んだスタンドに満員の観客でした。
d0178825_9361972.jpg
佐渡おけさとマスゲーム。地震が当日でしたら大変でした。
d0178825_947378.jpg
d0178825_8443697.jpg
d0178825_8464265.jpg
中央埠頭の倉庫群。
d0178825_933116.jpg
万代橋から撮影。2本の線は万代橋の下を通っていた貨物列車の線路が水面に透けて見えているのか?と思ったがやはり電線のピンボケ。
d0178825_9352224.jpg
万代橋西詰め歩道。盛り土陥没。
d0178825_1063779.jpg
1964年の新潟地震の液状化で傾いた痕跡。2011年の現在の昭和大橋の橋脚の写真。パイプ橋脚がダブルで少し曲がっています
d0178825_9502118.jpg


地震による液状化現象は47年前(1964年)の新潟地震で初めて注目されました。
液状化現象

1964年の新潟地震の液状化で傾いた痕跡。昭和大橋の橋脚の写真。


47年前の新潟地震を思う

『手押しポンプ』の復活・普及へ、福島原発放射能漏れとこれからの低エネルギー社会
[PR]

by moekire | 2011-04-20 10:13  

1964年に新潟地震があり、47年後に東日本大震災がおこりました①

東日本大震災から1ヶ月がたちました。
47年前(1964年6月16日)の新潟地震は大きな地震でしたが、津波は1.2mほどで、亡くなった方も地震の規模の割には大変少なかったと記憶しています。当時の日本には商業用原子炉はまだありませんでしたので、原子力発電所事故の心配もありませんでした。 ただ、地震と同時に臨海工業地帯の石油タンクの爆発火災が発生し、子供たちはキノコ雲だと叫んでいました。
47年後の今、この東日本大震災をどう受け止めればよいのか言葉を見つけることができません。
いったい、この47年間で私たちは何を身に付けてきたのでしょうか。原発事故はレベル7の可能性があり、再臨界の噂もあります。
私たちを信用していない者たちの言葉を信用しろと言われても、私たちはまぶたを閉じるだけです。
47年前の地震の写真の中になにか忘れてきたものがあるかもしれません。

d0178825_5381431.jpg

自動車不可の八千代橋から万代橋方向に向けて撮影。やはりキノコ雲の中から憂いあるおじさんがじっとこちらを見ている。何を伝えたかったのだろうか。
d0178825_6423447.jpg

『蔵織』の前の道路から爆発直後の写真。左塀は裁判所。右側手前に蔵織がある。(写真から外れている)(煙の上にワンちゃんがお座りしている)
d0178825_6504621.jpg
津波1.2m。左下、のんびり見学している人がいる。左上には八千代橋。土手など無かった信濃川を逆流した津波は、海抜0m地帯に流れこんだ。(↑新潟日報)
d0178825_659477.jpg
数日後、信濃川埋立地両岸は油まみれの水であふれ、黒煙で昼でも暗かった。
d0178825_75964.jpg
基準の法律を守って、完成したばかりの昭和大橋の橋脚が揺れて落ちてしまいました。上の万代橋は耐え残り復興の動脈の役目を果しました。
d0178825_16382078.jpg
連続写真で重なります。。
d0178825_16424665.jpg
d0178825_16445847.jpg


(②へつづく)

地震による液状化現象は47年前(1964年)の新潟地震で初めて注目されました。
液状化現象

47年前の新潟地震を思う

『手押しポンプ』の復活・普及へ、福島原発放射能漏れとこれからの低エネルギー社会
[PR]

by moekire | 2011-04-12 06:36