<   2013年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

亡くなった炎舎の店主小川俊充さんとオイリュトミーと蔵織と俳句

ギャルリ-炎舎(えんしゃ)さんのご主人、小川俊充さんが亡くなりました。

よりのつづき

それ以来、器の『要』について小川さんのうん蓄をたびたび聞かされました。器の面白さにハマると、底なしであろうことは感じていましたので、半分真剣に、半分うわの空で聞くようにしていました。
それよりも店の隅々に無造作に飾られた、いたずら描きのような絵やオブジェがありましたので、これは小川さんが描いたものかとたずねると、そうだと答えました。段ボールを引っかいたり、きざんで色を付けたものや流木の板に添えられたオブジェ、落書きのように描かれた絵は、絶妙な雰囲気を醸しだしており、個展として飾られている器作家の作品よりはるかに魅力的なものでした。特に、仙人風意識なども忘れ、無心に創られたものは絶品です。
d0178825_1641557.jpg

小川さん本人の個展をやらないのですかと聞くと、『むふふ、まはぁ~』といって、半分いやいやという顔をして、半分まんざらでもない顔をしていました。
近々、西堀に古民家を利用したギャラリー蔵織をオープンしますので、炎舎オーナーの個展を蔵織で、蔵織店主の個展を炎舎でやりましょうかと、気軽に言い合っていたのですが、かなわぬものとなりました。

昔(1970年代)の新潟の話をしていた時に、たまたま、シュタイナーの話題が出ました。私も1974年に間章から聞かされて知ったシュタイナーの建築フォルムに魅せられて、のめり込んでいた時がありました。折しも、1975年、子安美知子の『ミュンヘの小学生』が出版されシュタイナーの教育実践効果も流布されました。その中のダンスのようなものをオイリュトミーといい、『意識と身体の乖離を埋め、言葉と音楽の力を全身の動きに変換し、体内(ミクロ)エネルギーを宇宙(マクロ)エネルギーに関連づける身体運動』とでもいうものです。
そんなオイリュトミーを29才当時の小川さんが踊っていたという話を聞いた時にはビックリしました。目の前の仙人のような風貌とオイリュトミーと全然繋がらなかったのですが、昔を思い出し、狭い炎舎の中で小川さんはひらひらと踊りだしました。
後日知ったのですが、1983年、新潟市での第一回オイリュトミー集中講座(舞踊家・笠井叡(あきら) 氏)に鳥の歌(本町2)の店主、早津さんが、小川さんと一緒にオイリュトミーを踊っていて、早津さんもそれ以来の知り合いだと言っていました。

しばらくして、炎舎さんの並びに築百年の町屋をギャラリー蔵織としてオープンしました。お金がなかったので、前の住人が使っていたプラスチックの照明器具をそのまま和紙で包んでしまおうと思い、ホームセンターで色々な和紙を買ってきて、照明カバーを作りました。
d0178825_1671840.jpg

こういうことは小川さんが好きそうだと思い、自由に作ってみてはと言って、数種類の和紙を炎舎さんに置いてきました。案の定、小川さんは悪乗りしてくれて、数日後、細い枝を四角に組んで、そこに和紙を絡めたものを両手に抱え、蔵織まで持ってきてくれました。あいにく、風に吹かれ、抱えている和紙のオブジェは半壊してしまいましたが、取り付ける時になんとか形にしました。蔵織の喫茶室の照明がそれです。そのあとはもう少し堅い和紙で作ったもので、私がトイレ前のダウンライトの下に画鋲でとめました。枯れたおくらの茎が二本添えてあり私の好きな照明です。
d0178825_1684689.jpg
d0178825_1693050.jpg
よほど本人も面白かったのか、2階階段上のカバーにはクレヨンで何か描いてあるものも持ってきました。
d0178825_164239100.jpg
d0178825_1614982.jpg
万一ほしい人がいたら売ってしまうから、作家名を書いておいてと言ったら『むふふ、まはぁ~』といって『25.000 和照明具 村明隆風』と書いたものが5年間まだ蔵織の柱脇に貼ってあります。(蔵織に来た時に見つけてください)
天気の良い西堀の歩道を両手で抱え、風から和風オブジェを守りながら歩いてくる小川さんの姿を今も鮮明に覚えています。

少しピンボケですが蔵織オープンパーティで小川さんの元気な姿が写っておりました。
d0178825_16161625.jpg
元気がよすぎるので、小川さんだけぶれています。(右からせきやさん、小川さん、左端が坂爪さん)
d0178825_16164490.jpg

東日本大震災後のある日、3.11以降、DMを出しても見に来てくれるお客さんががっくり減っていると、いつになく真面目に言っていました。仙人のような『むふふ、まはぁ~』という雰囲気はなかったので、3.11以降はギャラリー関係はどこもそうですよと相槌をうち、蔵織などは3.11以前からつぶれそうですよ『がははは~』とカラ元気で答えたことを覚えています。

それからしばらくすると、小川さんは炎舎を休んでいることが多くなっていて、具合が悪いのだろうと思っておりましたら、知らない女性の方を見かけるようになりました。後でわかったのですが、その方が奥さんでした。奥さんとは初対面なのでストレートに病状は聞けませんでしたが、深刻な事態であることは察することができました。
手術をしたと聞き、旨いものを食べさせてほしいと、お見舞いを渡しましたが、ベットの中でも頭と筆くらいは使えるはずだと思い、つたない俳句を書いて奥さんに渡しました。

手術後、ご自宅の近くをゆっくりゆっくり歩いているお二人に偶然出会いました。ひどく痩せてはいましたが元気そうでしたので安心しましたが、のちの返歌を見て覚悟を知りました。

炎舎退院す

割れずとも病むことのある夏茶碗

青青と巣立ちの後の夏瓦
                        恒風

散文が得意な小川さんは、俳句などやったことがないぜ、適当に書いた、といいながら、返してくれました。

病むたびに味わい深くなりにき黒茶盌

熱すぎて道に迷うてばかりの旅立ちかな
                           酔魚

酔魚が小川さんの俳号です。私には覚悟を決めていたことが伝わってきました。
また、返して

逃水や 迷うは力 焼織部

病むほどにもの見えてくる秋の水

水澄んで亀の泳ぎの酔い魚
                     恒風 2012-8-10

炎舎によく行っていた田代さんが蔵織に来たので、あなたも参戦しなさいといって書かせた句。

銭亀の逃げいしはずが戻りきし

                    草猫 2012-8-21

以上は奥様を通して小川さんに伝えてありました。

昨年(2012年)の暮、小川さんに二度、炎舎の店内でお逢いしました。一度目は、小川さんがたまたま病院の帰りに炎舎に寄った時で奥さんや作家さんなどもおりました。

最後に会った時には店に小川さん一人でいて、奥さんは留守でした。めちゃくちゃ痩せてはいましたがしっかりと立っていました。少しは快復したのかなと思ったのですが、やはり疲れているようでしたので、椅子をうながしました。
覚悟を決めた者とそれを知っている者の会話などはありません、慰めるどんな言葉も陳腐になってしまいます。
お互いしばらく沈黙が続きましたが、私が初めて炎舎を訪ねた時のように、気にいった焼き物を指さしてこれはいいねと言うと、小川さんは堰を切ったように話し始めました。
いくら仙人でも受け入れがたい現実に憤りを感じ、悔いも残っているはずです。質こそ違え、そこのところは痛いほど感じます。
小川さんは自分の現状を打ち消すように、私の指差した器のことを饒舌に話し続けました。やっぱり、器のことを話す時は生き生きしています。私はそれを頷いて只々よく聞き続けていました。

今年(2013年)の1月20日、私は向かいの床屋さんの帰りに炎舎さんによって、奥さんに小川さんの様子はどうかと訪ねると、15日に亡くなりましたという返答です。思わず絶句しました。
お店は作家さんの個展をそのまま開いて、身内で静に葬儀を済ませたそうです。

あらためた香典などはかえってめんどうをかけることになるので、作品を買うことが小川さんが喜ぶことだと思い2点買い求めました。小川さんがいれば、この2点の器(星野貴代氏作)にどんな言葉を添えたのでしょうか。

小川さんに伝えていなかった句。実は、2012-8-10に、     

温かき嘔吐もわが身白南天

と書いて

炎天に 旅立つ時を忘れけり

炎夏果て 静かに冷える登り窯
                     恒風

合掌 




ギャラリ-炎舎(えんしゃ)さんのご主人、小川俊充さんが亡くなりました。①


炎舎の小川俊充さんの彼岸からの『ことば』をもって焼き物のことが『わかる』
[PR]

by moekire | 2013-02-16 17:03 | 新潟市のこと